当部について

広島大学体育会フットサル部は、2010年4月に広島大学東千田キャンパスを拠点にして、東千田地区のスポーツ活動の活性化とより高いレベルの大会への参加を目標に創立。その後、東広島キャンパスに活動の拠点を移し、当時Fリーグ参入を目指していた広島エフドゥと提携を結び、同チームのサテライトとして活動を続ける。2017年には、中国リーグ1部昇格を機に、広島大学体育会フットサル部として単独での活動を開始する。当部は、日本サッカー協会や日本フットサル連盟主催の公式大会での全国優勝、Fリーガーや日本代表選手の輩出、学内のフットサル大会や青少年に向けたスクールの開催などを通して、広島県や中国地域のフットサルの普及に貢献していくことを目的としている。


チームプロフィール

 

顧問:川野 貴志   広島県サッカー協会理事(フットサル委員会委員長)、広島F.DO代表

 

監督:木庭 康樹 (広島大学 総合科学研究科 准教授)JFA公認フットサルB級指導者(C級インストラクター)、JFA公認サッカーB級指導者

 

コーチ兼選手:伊藤 慎一郎(理学研究科)

 

主将 :渡邊 晃大(工学部)

副主将:阿武 大玄(教育学部) 

    竹内 滉人(教育学部)

 

主な活動場所:広島大学 東広島キャンパス内西体育館


エンブレムの理念

①   「平和と出発」

当部は、エンブレム上部にデザインされた旧理学部被爆校舎がある東千田キャンパスから2010年に創部。主に理学部の歴代OBが部の礎を築く。

 

②   「復興と不死鳥」

広島の町が原爆投下から復興を遂げたように、不死鳥は、どんな苦難に陥ろうとも常に復活・再生を遂げるチームの魂を表す。

 

③   「フェニックスの樹」

東千田キャンパスの森戸通りに植えられたフェニックスの樹は、戦後、広大生の成長を見守り続け、その葉は今も復興のシンボルとして広島大学の校章にデザインされている。